大阪のかんぱん治療の傾向

subpage01

 かんぱんは肝斑と書きます。これはシミの一種です。

メラノサイトが沈着することで出てくる肌トラブルの一種で、出てきてしまうと気にしてしまいがちです。


かんぱん治療では、このメラノサイトを除去することできれいな肌を取り戻すために行います。
かんぱんの特効薬はトラネキサム酸で、かんぱん治療では一般的にトラネキサム酸が配合された内服薬を処方します。

症例によってはほかのビタミンCやハイドロキノンなどといった美白外用剤を組み合わせて治すこともあります。


大阪市やほかの大阪の都市においては、かんぱん治療はごく一般的に用いられています。

大阪市内などには美容外科クリニックがたくさんありますので自分に合ったクリニックは探しやすいでしょう。

ただ、かんぱん治療には注意点もあります。


かんぱんの治療に医療レーザーを使用することはありません。



なぜかというと、医療レーザーを使っても効果がないためです。



それどころか、医療レーザーを使うことでかえって健康や美容上のトラブルを引き起こす可能性が考えられます、ですので、医療レーザーではなく内服薬を使用して治すことが一般的となっています。

 トラネキサム酸を服用してもすぐに効果が出てくるわけではありません。ですので、ある程度継続的に行う必要があることを留意しておきます。
通常、一ヶ月と少しくらいの期間を必要とします。
効果が出始めるまでには4週間くらい継続して内服薬を飲むようにします。それから、かんぱん治療を行っている最中も紫外線については充分に対策しておきます。生活習慣も見直すようにすることが求められます。



これは大阪に限らずどこも同じです。
大阪一帯は、特に夏の時期はとても暑いので紫外線については気を付けるようにしておきましょう。